北浦サイクリング 道の駅いたこ〜北浦白鳥飛来地 

道の駅いたこからスタートし、前川を通って北浦白鳥飛来地まで北上します。片道8.7km です。

f:id:greenarchi:20200216121628p:plain

道の駅いたこ〜前川〜北浦白鳥飛来地8.7km

f:id:greenarchi:20200216121806j:plain

道の駅いたこの裏手

goo.gl

道の駅に駐車して、昼食をとってスタートします。道の駅の裏口が中川に面しています。

f:id:greenarchi:20200216122122j:plain

右手に前川を見ながら北浦湖岸まで進みます。

f:id:greenarchi:20200216122623j:plain

北浦 湖岸

北浦湖岸を北上します。

土手の上の道は車が通れないので、安心してサイクリングできます。

f:id:greenarchi:20200216123000j:plain

鹿島神宮 西の一之鳥居

向こう岸に鹿島神宮の鳥居が見えて来ました。

f:id:greenarchi:20200216123701j:plain

国道51号の神宮橋を越えると、鹿島線の橋が見えて来ます。

f:id:greenarchi:20200216124605j:plain

たくさんのカモたちが羽を休めています。

 

f:id:greenarchi:20200216125132j:plain

おびただしい数のカモたち。向こうに見える白い鳥はカモメのようです。

その先の岸辺に見えている白い鳥が白鳥のようです。

f:id:greenarchi:20200216125534j:plain

北浦白鳥飛来地

goo.gl

白鳥やカモ、カモメたちは、人からエサをもらっているので、逃げるどころか、近寄って来ます。

f:id:greenarchi:20200216125905j:plain

本来、野生動物にエサを与えるのはタブーですが、ここは許しているようです。

加工食品はダメと言いながら、食パンはいいのでしょうか。

f:id:greenarchi:20200216130259j:plain

人懐っこいハクチョウ

f:id:greenarchi:20200216142403j:plain

カモたちの喧騒から離れ、近くのドッグに腰を下ろし、コーヒーを沸かして休憩。

外で水辺を見ながら飲むコーヒーは格別。

白鳥飛来地の土手にパーキングスペースがあることを確認し、

ここで、もと来た道を引き返します。

次回は、白鳥飛来地からスタートします。

 

帰りは、前川まで戻らずに、ショートカットして、浄水場の横の用水路沿いを通って見ます。

f:id:greenarchi:20200216143024j:plain

f:id:greenarchi:20200216143431j:plain

小さな公園のようになっていてトイレもあります

Google マップ

水田の中の一本道を進めば、道の駅に到着です。

f:id:greenarchi:20200216144338p:plain

帰りは6km

往復14.7kmの軽いサイクリングでした。

たくさんの野鳥に会えるコースです。

 サイクリング日:2020年2月2日

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車走行日記へ
にほんブログ村

 

常陸利根川(北利根川)牛堀パーキング〜外浪逆浦〜前川〜あやめ園 サイクリング

霞ヶ浦と北浦を結ぶ常陸利根川(北利根川)と外浪逆浦から前川沿いを通って潮来の水郷潮来あやめ園を経由して牛堀パーキングまで戻ってくる約25.7kmのコースです。

 

f:id:greenarchi:20200210214231p:plain

常陸利根川〜外浪逆浦〜水郷潮来あやめ園

前回は霞ヶ浦の北利根橋を渡って、稲敷の境島まで行きましたが、工事のために通行止めになっていたので、今回は常陸利根川を北浦方面に進むことにしました。

www.iba-waterside.com

北利根橋の近く、常陸利根川沿いにある牛堀のパーキングからスタートします。

f:id:greenarchi:20200215110438j:plain

牛堀のパーキング 鳥居は権現山公園下にある三熊野神社の鳥居

ここのパーキングにはトイレ(写真左側の建物)があり、結構車が停まっています。

その多くは、川でフィッシングをする人たちの車のようです。

goo.gl

f:id:greenarchi:20200215111241j:plain

右手に川を見ながら進みます。

川の上空には鳥たちが綺麗な編成を組んで、私たちとは逆の霞ヶ浦方向に飛んでいきます。

f:id:greenarchi:20200215111657j:plain

ここは、「夕日がきれいな常陸利根川コース」だそうです。

f:id:greenarchi:20200215112151j:plain

潮来大橋が見えてきたあたりで「夕日がきれいな常陸利根川コース」は折り返し地点です。私たちはこれより先に進んで行きます。

f:id:greenarchi:20200215112619j:plain

冬の水郷潮来あやめ園

水郷潮来あやめ園まで来ました。冬のあやめ園は閑散としています。

この近くに遊覧船の乗り場があります。

f:id:greenarchi:20200215113146j:plain

早咲きの菜の花

鹿島線をくぐり抜けて進むと、寒空の下で、もう菜の花が咲いています。

温暖化の影響なのかと思いましたが、早咲き菜の花の品種があるそうです。

f:id:greenarchi:20200215113648j:plain

常陸利根川から外浪逆浦へ

外浪逆浦まで来ました。そとなさかうら と読むだそうです。

常陸利根川の一部が大きく膨らんで、北浦につながっています。

汽水湖で、満潮時には波がさかのぼることに由来した名だそうです。

以前は内浪逆浦もあったそうですが、干拓され、水田やニュータウンになったそうです。

f:id:greenarchi:20200215115254j:plain

水郷トンボ公園

goo.gl

外浪逆浦のほとりに、水辺の湿地を残したような感じのトンボ公園があります。

 

f:id:greenarchi:20200215120254j:plain

鰐川

広い浦がしぼられて、鰐川になりました。この川をさかのぼれば、北浦になります。

f:id:greenarchi:20200215120821j:plain

このあたりに、鰐川と常陸利根川を結ぶ前川があります。

goo.gl

この日は、ここで前川を通って、あやめ園まで戻ることにしました。

f:id:greenarchi:20200215121435j:plain

前川

 田んぼの間を流れる前川。ヨシが水辺に繁っている部分があり、オオバンたちを見ることができました。

水位が高く、道路近くまで水面があり、水田の水位より高い部分もありました。

f:id:greenarchi:20200215134911j:plain

川釣り用の風除けつきデッキが並んでいます。

面白い風景ですが、河川の中にこのような構造物を勝手に作るのは違法ですね。

ゴミもちらほら目に入るのですが、ゴミを取り除くだけで、きれいな風景の川に戻りそうです。清掃したい!そんな気持ちにかられます。

f:id:greenarchi:20200215135838j:plain

県道101号線をくぐると、道の駅いたこ の裏に出ます。

f:id:greenarchi:20200215140714j:plain

前川

前川に沿って進むと、やがて市街地の中を通り、津軽河岸跡が見えて来ます。

f:id:greenarchi:20200215141027j:plain

津軽河岸跡

橋を越えて向こう岸に渡れば、旧家の磯山邸もあります。

時間があれば立ち寄りたいところです。

潮来はかつて、利根川水運で栄た町ですが、時代の変化と共に、繁栄した街並みもなくなってしまいましたが、かろうじて、ここが残っています。

 

そのまま川に沿って進むと、あやめ園に出ます。

f:id:greenarchi:20200215142256j:plain

水郷潮来あやめ園

ここでトイレ休憩をして、常陸利根川に沿って戻ります。

f:id:greenarchi:20200215142640j:plain

水辺のカフェ北斎と蔵

出発した牛堀のパーキング近くの川べりに、昔の石蔵を改修したカフェがありました。

f:id:greenarchi:20200215143123j:plain

常陸利根川の夕日

この夕日を見て、この日のサイクリングはゴールです。

今回は、川を周遊でき、途中には道の駅やあやめ園に立ち寄れる変化のある面白いコースでした。25.7kmという、折りたたみ自転車では、なかなか乗りごたえのある距離でした。

サイクリング日:2020年1月26日

 

 

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車走行日記へ
にほんブログ村

霞ヶ浦サイクリング 天王崎公園〜北利根橋〜境島

天王崎公園〜北利根大橋〜境島 約8km

折りたたみ自転車で、のんびりポタリングを楽しんでいます。

霞ヶ浦、北浦を一筆書きで一周してみようと思っています。

3回目となる今回は、茨城県行方(なめかた)市の天王崎公園からスタートします。

f:id:greenarchi:20200207190620p:plain

天王崎公園〜北利根橋〜境島

f:id:greenarchi:20200207191000j:plain

天王崎公園の駐車場

天王崎公園には広い駐車場があるので、ここに駐車してスタートします。

写真左側の「風の塔」下はトイレになっており、その向こうに見える建物は「あそう温泉白帆の湯」です。

goo.gl

f:id:greenarchi:20200207191557j:plain

ヨットが浮かんでいる風景

ここでお弁当を食べて走り始めます。

霞ヶ浦が海だったらなあ、と思いますが、元々は海でした。水門が閉められているので塩分は少ないですが、汽水湖です。潮の香りはありません。

f:id:greenarchi:20200207192259j:plain

砂浜と松林が少しだけあって、少しだけ海辺のリゾート感があります。

f:id:greenarchi:20200207192600j:plain

右手に霞ヶ浦を眺めながらサイクリングです。

f:id:greenarchi:20200207192751j:plain

このような小さな港は霞ヶ浦のあちらこちらでみることができます。

f:id:greenarchi:20200207192914j:plain

湖の中のストラクチャーに鵜がとまっています。

霞ヶ浦にはオオバンが多いのですが、これはカワウのようです。

f:id:greenarchi:20200207193254j:plain

鵜を先頭にカモたちが続いています。

f:id:greenarchi:20200207193445j:plain

北利根橋が見えて来ました。

f:id:greenarchi:20200207193720j:plain

道は集落の中を通ると、このような船着場がありました。

f:id:greenarchi:20200207194044j:plain

つくば霞ヶ浦りんりんロード休憩所

北利根橋の下をくぐると、ポケットパークのような休憩所がありました。(トイレなし)

f:id:greenarchi:20200207194409j:plain

休憩所の後ろが高台になっていて、北利根川常陸利根川)の見晴台になっていますが、振り返ると、昭和の雰囲気が漂う空間。

f:id:greenarchi:20200207194705j:plain

北利根橋に登るスロープ 急勾配です

f:id:greenarchi:20200207194950j:plain

橋の上からの眺め

車で通れば一瞬だけど、自転車ならゆっくり風景を楽しむことができる

f:id:greenarchi:20200207195213j:plain

橋を渡って、茨城県稲敷市側からの風景

f:id:greenarchi:20200207195605j:plain

霞ヶ浦と北利根川常陸利根川)の境界

f:id:greenarchi:20200207200054j:plain

湖を見ながら走っていると見落としてしまう茅葺のはなれ

 

f:id:greenarchi:20200207200435j:plain

カモたちがいっぱい

 

f:id:greenarchi:20200207200244j:plain

 ススキが広がっているワンドを右手に見て進んだ先で、工事による通行止めとなりました。下記地図のあたりです。

goo.gl

護岸工事のため令和2年3月27日まで通行止めです。

ここで引き返します。

この日のコースは片道約8km 往復約16kmです。

霞ヶ浦一周、北浦一周とそれぞれ一周しようと思っていましたが、霞ヶ浦と北浦をつなげて一周する方針にしましよう。

次回は、北利根川常陸利根川)から北浦へ向かいます。

 

サイクリング日:2020年1月13日

 

 

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車走行日記へ
にほんブログ村

霞ヶ浦サイクリング 島並休憩所〜天王崎公園

島並休憩所から天王崎公園まで約2.5km。

折りたたみ自転車でのんびりポタリングを楽しんでいます。

霞ヶ浦、北浦を一筆書きで一周してみようと思っています。

 

二回目となる今回は、茨城県行方(なめかた)市の島並休憩所からスタートします。

f:id:greenarchi:20200207144651p:plain

島並休憩所〜天王崎公園

goo.gl

島並休憩所はサイクリングロードの脇にある休憩所ですが、あずまやと自転車ラックがあるだけでトイレはないようです。

この横にある砂利舗装の部分に駐車をして、バーディを組み立ててスタートします。

f:id:greenarchi:20200207145619j:plain

ちっちゃい車ですが、折りたたんだバーディ2台が乗せられます

f:id:greenarchi:20200207145814j:plain

休憩所前の風景

f:id:greenarchi:20200207150411j:plain

自然回復のための人工ワンドが続く

f:id:greenarchi:20200207150533j:plain

人工の波消しブロックに、ヤナギなどが生えて、良い感じになって来ています

f:id:greenarchi:20200207150742j:plain

ワンドを右手に眺めながら、あっというまに天王崎公園に到着しました

f:id:greenarchi:20200207150944j:plain

天王崎公園

ここで、自転車をひねった瞬間にチェーンが外れてしまい、特殊な工具がなければ元に戻すことができず、本日のサイクリングはこれで終了。

春先から初夏にかけて、ワンドの風景が気持ちよさそうなので、その時期にまた走ってみたい。

goo.gl

島並休憩所から天王崎公園まで約2.5km。

サイクリング:2020年1月11日

霞ヶ浦サイクリング 玉造〜島並休憩所

2020年明けて、玉造の道の駅近くの水辺から、霞ヶ浦一周、スタートします。

f:id:greenarchi:20200131181106p:plain

玉造高洲崎公園〜島並休憩所

道の駅近くの高洲崎公園に駐車して、この水辺でお弁当を食べて出発です。

f:id:greenarchi:20200131155331j:plain

霞ヶ浦大橋と道の駅行方市観光物産館こいこい

水の中まで石のスロープになっていて、ここから、カヤックも出せそうです。

f:id:greenarchi:20200131154435j:plain

霞ヶ浦大橋付近にある行方市玉造の道の駅近くの水辺

 

www.google.co.jp

f:id:greenarchi:20200131160944j:plain

筑波山と玉造の霞ヶ浦ふれあいランド虹の塔が見える

霞ヶ浦の水辺は、自然回復のために作られた人工のワンドを見ながら進みます。

f:id:greenarchi:20200131161616j:plain

緩やかにカーブした自転車道路の先には、桜並木があります。春にまた走ってみたい。

f:id:greenarchi:20200131162325j:plain

f:id:greenarchi:20200131163124j:plain

霞ヶ浦の水辺には、このような水神様や船着場、ドッグが点在しています。

一眼レフのカメラを持って来て、錆びた感じのストラクチャーを狙った渋い写真に挑戦するのも良さそう。

f:id:greenarchi:20200131163505j:plain

自転車道路を挟んだ反対側は、コイやナマズ養殖場が並んでいます。

f:id:greenarchi:20200131163943j:plain

f:id:greenarchi:20200131164419j:plain

ワンドが終わると、テトラポットがある直線の道。

この先に、麻生温泉白帆の湯のある公園があります。そこまで足を伸ばそうかと思いましたが、日暮れの時間が早い時期なので、ここらへんで引き返します。

 

www.google.co.jp

f:id:greenarchi:20200131165019j:plain

旅のお供はシェラカップ

もと来た道を引き返し、高洲崎公園でコーヒーを沸かして、終了です。

今日の区間はYahooの地図上では約10キロ。往復20キロのサイクリングでした。

(サイクリング2020年1月5日)

折りたたみ自転車でのんびりポタリング

折りたたみ自転車を小さな車に積んで、自然散策しながらのんびりポタリングを楽しんでいます。

なるべく平坦で、自然な場所、観光地でもなく、人混みを避けられる場所が良い。

茨城は、霞ヶ浦をはじめ、涸沼、鬼怒川、小貝川、利根川那珂川久慈川、そして海岸線など、平坦でサイクリングに最高な水辺がたくさんあって、休みの日には、ゆっくり起きてゆっくり支度をして出かけます。

観光地でもない、日常の自然の風景を記録しておこうと、このブログをはじめました。

いつもなら、今日はどこに行こうかなと、思いつきで行先を決めていましたが、霞ヶ浦一周、川は河口から上流まで、体系的に網羅してみたくなりました。

 

自転車は、birdy です。

f:id:greenarchi:20200131151818j:plain

シルバーとインクブラックのbirdy二台で走っています

霞ヶ浦一周 玉造からスタートします